寂しさを、半分こ

作者眞白

"好き"を認めてからは、もう、後には引けなくなっていた





「返事はいらない。ただ黙って聞いてて」



画像タイトルを入力…



「じゃあ一緒にいてよ」と


この寂しさを共有するように縋っていた