”勇者を殺さなければ200日後に親を殺す”
貧しいながらも愛情深く育ててくれた両親。殺されないためには勇者を殺さなければならない_。
都合の良すぎる現実、やけに自分に優しい勇者、友達だったクラスメイト__
違和感を持ちながらも、着々と勇者を殺すための準備を進める主人公。
しかし、勇者の優しさに触れ…

画像タイトルを入力…


私が弁当を忘れたとき、あなたは「お腹いっぱいだから」って言って自分の弁当を半分くれたよね。

私が泣いているとき、あなたは何も言わずにハンカチを貸してくれたよね。

私が落ち込んでいるとき、あなたはきれいな魔法を見せてくれたよね。


私、あなたのこと大嫌いだよ。

隣の席で微笑むあなたが、

唯一私に優しいあなたが、

死ぬほど嫌い。


あなたのことを考えるたびに吐き気がする。

だから殺すの。

私のこと一生恨んでね。