イケメンドクターは幼馴染!

作者甘夏

ある日、病院に行くと、目の前に座ってる医者は幼馴染だった!10年ぶりに再会した私たちは想いが加速していく。「今までの男は・・全部忘れろ。俺が上書きしてやる。」

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり850

仕事帰りにケガをしてしまった私、かざね。


病院で診てくれた医師は幼馴染みだった!




「こんなにかわいくなって・・・。」




10年ぶりに再会した私たち。


お互いに気持ちを伝えられないまま・・・想いだけが加速していく。





かざね「どうしよう・・・私、ちーちゃんが好きだ。」





幼馴染『千秋』。


通称『ちーちゃん』。






きびしい一面もあるけど、優しい『ちーちゃん』。






千秋「かざねの側に・・・俺はいたい。」




自分の気持ちに気がついたあと、距離を詰めてくるのはかざねの仕事仲間の『ユウト』。





ユウト「今・・特定の『誰か』がいないなら・・・俺と付き合ってください。」







かざねは悩む。






かざね(ちーちゃんに振り向いてもらえないなら・・・・・・私がユウトさんを愛しさえすれば・・・・・忘れられる・・?)

















※お話の中に出てくる病気や、治療法、職業内容などは全て架空のものです。


想像の中だけでお楽しみください。







公開初日は2019年12月30日です。


この年末年始、お暇な時に呼んで頂けたら嬉しく思います。





                どんぐり。