{祝福}教会の『ベル』は、私と誰に鳴るの!?

作者甘夏

幼いころから施設暮らしの鈴。迎えに来たのは母ではなく、父と兄。鈴の本当の家での生活が始まるけど、体に異変が!?『もう妹にみれない。』兄からの告白に鈴は・・?

  • コメント
  • しおり114

幼いころ、母に施設に預けられた鈴(すず)。



お母さん「病気を治して迎えにくるから待ってて?」




その母は・・迎えにくることは無かった。




代わりに迎えに来た『父』と『兄』。




私の引き取り先は『本当の家』だった。





お父さん「鈴の家だよ?」


鈴「私・・一緒に暮らしていいんでしょうか・・。」






新しい家で始まる生活。


でも私は・・・お母さんの病気の遺伝子を受け継いでる・・・。





鈴「うぁ・・・・。」


兄「鈴!?」




倒れることが多くなっていく日々・・・。


そんな中でも『恋』は私の都合なんて読んでくれない。





『もう・・妹にみれない・・・。』


『お兄ちゃん・・・。』





『小さいころから・・好きだったんだよ・・!』


『私は・・・・・。』








本編には病名や治療法、薬などいろいろ出てきますが、全て想像の世界のお話です。現実世界とは一切関係ありません。




それでは、この世界をお楽しみください。甘夏。