愛の鳴るほうへ

作者まり

──────目を覚ますとベッドの上で眠っていて、見知らぬ美少年がいた。あ、うん。欲求不満の夢だ。そして私は目を閉じた。

b0c4b2c21378



途切れた記憶を、取り戻して。