お飾り彼女は、案外楽である。

作者花緒 汐

家がとんでもなく貧乏だった現役女子高生のはずの空。そんな空は家族を守るために、とあるバイトに手を出してしまう。稼ぎは良い。家族も不自由ない。でも…

  • コメント
  • しおり552










お飾り彼女





「逃げられると思った?」







利用価値なんて、人それぞれだ。








「もっと俺を頼れよ。馬鹿」





愛の表現の仕方も、全て。


















この小説の内容は全てフィクションです。小説内に登場する人物名、団体名は実在するものと一切関係ございません。