チャラそうで、かっこよくて、人気者の戸津くんは、私の前ではコミュ障で、すぐりんごになって、顔を背ける。彼の友達曰く、とんでもなくこじらせた一途らしい。





図書委員





穂高 菜雨‐ホダカ ナウ‐

「あたし目立ちたくないから散ってくれる?」



戸津 春久‐トヅ ハルヒサ‐

「世界の中で女は穂高さんだけだ」




そんな二人が、図書委員になりました。