ハローマイ EXダーリン

作者うづき

ひとなつの恋のお話

もうこれ以上の人なんて現れないんじゃないかと思った失恋も



目の前の背の高い女の人の黄色い膝丈のスカートが風になびいて綺麗だったことも


通学で毎朝乗る電車に必ずいるかっこいい他校の男の子のことも


街中で幸せそうな顔して孫をだくおじいちゃんのことも


忘れていることすら、忘れている。

忘れていることすら、気づかない。


そのことに時々気づいて私は切なくなる。


----------------------------




ほんの少し未来のわたしが、今よりほんの少し、幸せであることを願って。



2019/09/28