──……時は乱世。各国が己が運命と使命を背負いながら、天下統一を目指していた。青ノ国で生まれた右京は、偉大なる王の父の背中を追いかけるわんぱくな少年であったが、ある日を境に状況は一変はする。裏切りに合い凶弾に倒れる父、右京の周囲を凶報が飛び交う。「いま敵を追いかけてはならない。あなたはもう、一国の…





時は乱世.



命が生まれ、命が奪われる時代に……



物語は 始まる.















──



数多の意思が、屍が、若き王に問いかける。



「お前に覚悟はあるのか?」



空は青く、泥臭い生者を見下ろす。




──







.