あと、爪一枚分の距離。掴みかけた"死"だけが、夜明けだと思っていた。獣の瞳にやさしさを携えた男は、容易く全てを狂わせる。それは、知らないのに憶えている声だった。








「お前はもう、大丈夫だ」





知らないのに、憶えている声だった。






画像タイトルを入力…









この作品はフィクションです。実在する人物、団体及び事物には一切関係ございません。

未成年の飲酒•喫煙は犯罪です。この作品はそれらの行為を助長するものではございません。

性描写及びその他過激な描写を多く含みますのでご注意ください。




公開開始 2020/6/17〜


気まぐれ更新となりますのでご了承ください。更新情報はTwitterにてツイート中です