前奏曲すらまだ遠い《完》

作者叶鈴

これは、彼女の物語のほんの一部。序章すら始まっていない、ゼロ地点での、とある日のこと。





博愛主義な利己主義



現実主義のパラノイア



綱渡りの体裁



嘘のようで本当のような嘘





どこまでも分け隔てなく

結局は全て偽物





ほんの少しの









不思議で狡猾な彼女は言う


誰にでも秘密はあるよ






イイネ!クリックThanks!




2013.12.28.  公開




※レスにてイイね!のお礼を行っています。

宜しければ覗いて下さいませ。