恋は色水みたいで。

作者Seno

好きになった子とわたしのお話。

気が付いたら、あなたをいちばんに考えていた。




気がついたら、あなたに真っ先に返信をしていた。





気がついたら、写真フォルダはあなただらけになっていた。





気がついたら、好きになっていた。




嗚呼やっぱり、あなたはわたしじゃダメだったみたい。




でもやっぱり、わたしはあなたじゃないとダメみたい。