しょうもない恋。










君は女の子にいつも囲まれている。






その憎らしい可愛い笑顔を私に向ける君。






その顔を見るために、今日も私は君のパシリになるの。