それは確かに愛でした

作者

大切な人との思い出を数える。









叶わないと知ってても




それでもあなたが好きでした