君の中から私が消えた

作者れーと

「大好きだよ澪」




そんな彼は




「黙って俺の言うこと聞け」




人が変わったように暴君様に。




「大好きな彼


出会えて良かったと思うほど本当に大好き」



こんなにも澪に愛されている慎司は気付けば俺様暴君に。



それでもいつかは優しい慎司に戻ると信じていたある日……





慎司の記憶から澪が消えた






他のことは覚えているのに……





「私のことだけを忘れるほど




私のことが嫌いだったの?」