名前を呼ばれるたび、動けなくなるような、息を吹き返すような、どちらともつかない気持ちで、その部屋へ通っていた。








あなたの目と、あなたには似ていない目が同じように揺れて見えた。








2019.3.11公開