【第二部番外編】孤独のウサギは月夜の調べ ~環希編~【完】

作者zui

嘘が真に世界が巡る。家も家族も環境も真実に変わっていく。
封じた気持ちを紐解くのは全てが巡り終えてから。
純愛を救うのは狂うほどの“彼の愛〟




東雲環希


嘘を吐くことも 人を憎むことも知らない 純粋な天使




「×××なんか死んじゃえばいいのに」


真っ赤な鮮血が飛沫をあげる


彼のせいで×××が死んだことも


彼がそう言ったことも


誰も知らない



だから天使が生まれたことを誰も知らない



「お前さえいなければ俺らは幸せに暮らせたのにな」



そう言われた理由を彼は知っていて逃げた


大好きだった父が死ぬとわかっていて…




俺がいたから全てがった


産まれたために川島家から逃がされ


東雲家が狙われたために川島家に巡り合った



抱えきれないを背に


それでも平気な顔をして


最低な人間だと罵られようとも


過去に犯したを償うために


今度は逃げずに前を向く



嘘  真実


長い年月をかけながら幼い背中で全てを背負う



本当の家 本当の家族


血の繋がった親 血の繋がった姉妹



─あるはずの真実へ ひとつずつ ひとつずつ巡る─



〝東雲 環希〟


その名前さえも いつかは巡って たどり着く


まだ知らない〝東雲家〟を〝川島家〟を少しずつ


一瞬で変わってしまった〝出来事〟と少しずつ



純愛を救う狂愛と共に



「俺にちょうだい。組を潰す力も、組を救う力も」



これ以上にない想いを抱え



「父さんと母さんだけは助けさせてよ」



彼は全てを背負い 新しい世界へ踏み出した





※環希編

※同性愛作品




『月夜のウサギは日向で歌う』の環希目線の番外続編です。