映画館で私たちは恋をした。【完】

作者zui

画面の向こうの俳優が隣に現れた。そして私は恋を知る。

週に一度の現実逃避を楽しむ小説家の前に現れたのは、憎たらしい人気俳優でした。




いつか私は恋をする




同じ曜日、同じ時間、同じ場所、同じ席


それが私の癒しの時間だった




邪魔をしたのはある男の存在


高身長、眼鏡、マスク(たまに帽子)


それが彼の特徴だった








人気俳優

『真柴 ヒロ』

×

人気作家

『水澤 梨央』






私たちは映画館で恋をした