それでも好きって言えますか?

作者zui

高校1年生の鹿波は孤児院出身で、今は学校に通いながらバイトをしてアパートに一人暮らしをしている。
近所に住む幼馴染のアンリと友達の涼に支えられて学業とバイトを両立させていた。

夏季休暇が明けた秋に入る手前、鹿波のクラスに転校生、悠がやってくる。

悠は鹿波の幼馴染で5年前に引っ越した。
『5年後…


いつしか諦めると思っていた


幼い頃に交わした約束も

自分への好意も



鹿波かなみ、俺はお前を諦めない』


『三か月後、私の好きなところ言えたら

恋人になろう』



約束通りはるかと再会した鹿波は

賭けをする


彼が私の真実を知って

『恋人』になんてなれないから




鹿波を一途に想う若頭

×

秘密を抱えた孤児

鹿波

×

温厚で鹿波を守る組長