帰らないで、そばにいて。それから、私を愛して欲しい。出来れば今までにない程に。

作者一倉 エマ

あいつと私を繋ぐのは、身体だけの関係。








片想いをしている




決して実ることのない、片想いを




なぜなら、あいつの周りには沢山の女がいる




その中から私が選ばれることは無いだろう




想いが大きくなるにつれ、




身体だけの関係には疲れてしまった




けれども私は、今日もあいつを受け入れる












❍〇ichikura ema〇。