家出した15の夏の夜。
名も知らぬ君と過ごした、あまりに短すぎる瞬間を私はきっと忘れない…。

泡沫の恋を私はきっと忘れないでしょう