聖凪砂

切ない
ゆーりさんの作品はどの作品も、とても切なくて、読むのが苦しくなります。だけど、読むことを止めることができず、のめりこんでしまう。この作品も、切ないのだけど、やはり読み始めたら、途中で止めることができずに一気に読み切ってしまいました。

お互いに惹かれ合っているのはわかるのだけど、すれ違い、仕事のせいで気持ちを偽り、嘘をつき続けなくてはいけない。それが、ストーリーの中で誤解が誤解を生んで複雑にーー…

最後まで息つく暇もないほどに惹き込まれる作品でした。