熱いくちづけでさえ、女王の氷は溶けやしない。





日本で知らない者はいない



極道一家 御陵家




「あの子たちはね、わたしのお利口な番犬なの。

わたしの言うことならなんでも聞く。


……教えた通りに、逆らうことなく、すべて」




そのひとり娘である雨麗に


直属の配下である御陵五家の

各家の息子が護衛として配属された





( ──それでも、愛してた )





※本作品には飲酒・喫煙等未成年での法律に反する行為

及び年齢に関係なく法律違反となる行為の描写が一部に

含まれていますが、いずれも推奨するものではありません。


※以前他サイト様にて公開していた作品のリメイク版です。


(c) Hitomi Aoi