腐り切った「正しい街」から逃げ出して、辿り着いたのは闇夜を統べる帝王が支配する街・「帝都」。あまねく夜の支配者に、今宵も私は囚われる。

 







夜の幕が降りれば、彼の世界だ。