藤色の紫苑が散れば

作者女生徒A

普通の女子高生、植木苗はある日偶然生徒会の陰謀?を知る。それには外見は王子様なのにボッチの同級生が何か関係しているらしい!更に謎の転入生が現れてーー!?
 

誰にだって秘密はある。










学校という社会から閉ざされたある種非現実的な空間、






今日も教師と生徒達は押し潰されそうな閉塞感の中で暮らしている。










みんな心の底では何かしら刺激を求めているんだ。









僕だってこんな灰色の日常に辟易していた。


あいつがやって来た日までは…








君達にとっておきのプレゼントを送ろう。





この復讐で燃え上がった魂の叫びを聞け!










さあ、始めよう。



役者は揃った。










そうだ、姉さんにも協力してもらおう…