愛されるその日まで1

作者naru

彼女の周りには人が沢山いる。だけど彼女の心はいつも孤独…それは彼女が背負う罪。
でも彼女のその闇をこじ開けるのは冷徹、慈悲無しで有名な彼だった。

「1人でも大丈夫…だから踏み込まないで」







「絶対に俺の女にする…これは決定事項だ」





嫌でも刻は進む







「あなたの為に死ねたら本望かもしれない」






「ぜってぇ連れて帰る」






「最後はあなたの笑顔が見たかった…」






「終わりになんかさせねぇ!!!」







天才天然少女×冷酷若頭





先に恋に落ちたのはどっち?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


初投稿です!!


1人でも多く読んで貰えると嬉しいです!!


誤字脱字等は許して下さいペコリ(o_ _)o))

作者の妄想が入り交じっています注意です。



*************************

閲覧して頂き、また訪問して下さり

ありがとうございます!

なおこの作品「愛されるその日まで」は

現実味がないシーンがあります。

未成年の喫煙・飲酒・暴力行為など、

過激なシーンが度々登場します。

ご注意下さい。

作品内の団体・名称・人名は実在があっても

一切関係ありません。