大杉さんの裏事情

作者

「あなたにビルをあげるわ」―――始まりはこの一言。女子高校生とビルに住む奇妙な住人たちの日常とは?恋愛とは?いや、まず経営でしょう?






「あなたにビルをあげるわ」




「はぁ!?」




女子高校生の大杉さんがもらったモノ。




大きな、大きすぎる、いや、重すぎるものでした。





大杉さんと奇妙な住人の日常―――






ご覧あれ――――――




2017/06/05(再編集)



この物語はフィクションです。