少女が出会ったのは、冷たい目をした金髪の少年だった。


「勝手な真似すんじゃねえ。迷惑だ」
「今だけは、俺がお前を守ってやるよ」
「人は誰しも裏の顔を持っている。俺も、君もね」

「ねえお姉さん、"神様"に、会いたくない?」


希望、悪意、羨望、疑念……様々な感情が交錯するその街で、少女は"探…










全ては、【Frey】の名のもとに