『 本当はすきだった 』






すきすぎて怖いとか、



殊勝ぶってバカみたい。








どうせなら余地さえなくなるくらい、



君で満たしていたいのに。