あなたが教えてくれたこと。

作者ange

孤独で自分の思いを口に出せない瞳は、ある日不良グループのリーダーである遥斗と出会う。
瞳は悠人に少しずつ惹かれてゆく。

毎日が淡々と過ぎていく…

景色が白黒に見える…



楽しい、嬉しい、悲しい、寂しい…



いつからだろう、思いを口に出さなくなったのは…

いつからだろう、笑えなくなったのは…



でも、あなたはそんな私に手を差し伸べた…

たくさんのことを教えてくれた…




今、どこにいますか…?

どんな景色を見てますか…?



私はあなたにもう一度会いたい…

もう一度会って伝えたい…



この思いを、あなたに…