私が恋の相手なんて聞いてないっ!! <改訂版>【完】

作者榴崋

誰もが振り返る国宝級イケメンが恋に落ちたのは平凡すぎるオタク女子!?「……好きなんだけど」「あなたが恋に落ちるべき相手はビンタをしてくれる強気女子なのです!!」

誰もが振り返る国宝級のイケメンが恋に落ちたのは

漫画大好きな平凡すぎるオタク女子!?







♢♢♢♢




「………好きなんだけど」


「のんのんのん!

あなた様が恋に落ちるべき相手はビンタをしてくれる『あんたみたいなイケメンには惚れない』系強気女子ですぞ!!」




♢♢♢♢




「デートしようよ」


「のんのんのん!

あなた様がデートするべき相手は初対面で何もないところに躓いて転んでパンティーをチラリズムしちゃうそんな天然ふわふわ系ドジっ子女子ですぞ!!」




♢♢♢♢




「いつになったら振り向いてくれるの?」


「寝惚けてるんですか!?ビンタして起こしてあげましょうか!?

………はっ!?ビンタをしたら惚れられてしまう!!」


「いやもう惚れてんだけど」





「エンダァァァァァァァァァァ!!」






♢♢♢♢








どうやら俺はやばい人に惚れちゃったらしい………。












一筋縄ではいかないそんな恋、覗いて見ませんか?




















※こちらの小説は腐、百合表現、さらに物語を進める上でオタク様への誹謗中傷描写がありますので苦手な方は閲読をお控えください












この作品は『私が恋の相手なんて聞いてないっ!!』の改訂版となっております。

多少、内容が変更されている箇所がございます。ご了承ください。