儚く揺れる翡翠の絆Ⅱ[完]

作者朝日

舞台は雪の国ツェンデルへ。入り乱れる思惑と混乱、段々と明らかになる黒幕の正体。複雑化する未来はアリアをさらに追い詰めていく。仄かに灯る恋の焔を燻らせて。



舞台は雪の国へ。



(樹杏サチ様から頂きました)





運命の渦へ身を投じていくアリア。



段々と深まる白薔薇姫の正体。


能力者の本当の意味とは何?


影にひそむ、大きな黒幕の正体は?



様々な謎が残って、物語は進む。




仄かに灯るの炎を燻ぶらせながら。



――本当の幕開けはここから…。



過酷な運命が、アリアを襲う!





番外編をいくつか更新


キャラアンケートぜひ