ハルノヨニⅠ

作者はるくだ

ただ、仲間のため、償いのために。
男装少女は今日も闇を纏う。
彼女は味方?それとも……。












ーーもう一度あの日に戻れたら。





それは、何度祈っても届かない願い。


だから私たちは、前に進もうと決めたのだ。



















KY居眠り総長様


「俺、お前に興味湧いたから」




オープン腹黒副総長


「君は何者なの?」




人畜無害情報参謀


「よく言い聞かせておきますので」




人間メガホン親衛隊長


「そ、そりゃ悪りぃこと聞いたな」




甘党凹凸特攻隊長コンビ


「僕も背が高くなりたいなぁ〜」


「好みは人それぞれだろーが」











ーー県下No.1暴走族に、潜り込め。










『………潜入、開始』








タイトル変更しました。


尚、ラブ要素少なめです。

ラブ要素は次巻に期待!