高校生の時に交わした孝太との約束を信じて待ち続ける優。果たして彼ともう一度出会うことが出来るのかー……?












彼の言葉が私の耳から離れない。








「また優に会いに来るから。約束する。」





「そしたらまた俺の隣で笑ってくれるかな?」





「俺のことを信じてくれるならもう一度……」









そう言った君の言葉はいつのことだっただろう。








もう私の隣に君はいない。