ある日出会った2人は恋に落ちた。
とても幸せな日々だった。
でも、ある症状が2人の気持ちをすこしずつ狂わせていく。
すれ違いの中で見つけた、2人の結末とはー…


恋に落ちた。


まるで、風が吹くように。


呼吸をするように。


太陽が照らすように。


気づけば当たり前のように、君を見ていた。



でも、いつからだろう


君に会うたびに不安になって


笑うのが怖くて、緊張するのが怖くて、照れるのが怖くて。


忘れたくない。


ただ、それだけ。


君の記憶を、ずっとこの胸に。