私は後悔なんかしていない。









深く深く愛した日々を



その恋の結末を





嘆くことが出来ないとしたら


それは何かの罰みたいだ