廃妃は愛しき腕に堕ちる

作者藤井更紗

処刑執行を待つ私の元に現れたのは、幼馴染みの騎士ギルバート。
「俺がお側におります。この後も生涯、俺は貴女に仕えます」ーー目覚めた時には、腕の中に囚われていた。

  • コメント
  • しおり16

希代の悪妃として、処刑台へと誘う鐘の音を聞いていた王国イルギアナの王妃、オリヴィア。


しかし彼女の元に、王国の剣と呼ばれる武勇の騎士、ギルバート=ルデナ=アルシュダが現れる。


幼馴染みで戦友であった彼に、共に逃げようと提案されるも、オリヴィアは拒否。


自分は自業自得だから仕方が無い、だけど貴方には生きて欲しい、と願うがギルバートは「悪いが、その願いは聞けない」と告げて―――


目覚めた時には、腕の中に囚われていた。


行き着くのは、悲劇か、幸福か。