不器用なプロポーズ。

作者更紗

「君が俺から去るなんて、許さない」そう言って、彼は私に薬を飲ませた。
七年、彼の秘書をした。他人に関心の無い人なのだと、そう思っていたのに―――。

  • コメント
  • スタンプ33
  • しおり246

「君が俺から去るなんて、許さない」そう言って、彼は私に薬を飲ませた。

七年、彼の秘書をした。他人に関心の無い人なのだと、そう思っていたのに―――。

囚われたのは、身体か、それとも。


不器用な男が愛したのは、自分の元を去ろうとしている秘書。

彼女を放したくないが為に、彼が画策した事とは――?