キミと舞台《Ⅳ》 ◆シリーズ完全完結

作者村崎 紫

初めて、誰かのためになりたいと思った彼女。少女をその手に取り戻したい彼。重い十字架を背負う彼。嘘つきな彼。不器用に手を差し延べる彼。糸は、複雑に絡まっていた。



ああ、いま流行りの

ツンデレですか



いっそこの世界の扉を、

閉じてしまえばいい。



君をこのままにしておくのは、

勿体ないと思うんだ


お前も俺を置いていくの?




君の声を僕に頂戴。




2011.11.15~2012.02.21