【惑溺】あたしの、ハジメテノヒト。【完結】

作者きたみ まゆ

「後悔すんなよ。イヤだって泣いたからってやめてやるほど、俺は優しくない……」彼はどうしようもなく魅力的なワルイオトコ。でもあたしの、ハジメテノヒト。









『惑溺 ―危険な獣―』の

サイドストーリーです。

本編を未読の方でもお楽しみいただけます。