美貌と知略を武器に後宮の最上位まで登り詰めた町娘がいた。王の寵愛を一身に受けて“王の花”と呼ばれた彼女は、やがて歴史に残る悪女となった。







それは、歴史が知らぬ、愛の物語。






この物語はフィクションです。


作中に差別的表現がありますが、

差別を認容するものではありません。


戦闘・流血の表現があります。

苦手な方はご遠慮ください。