“王の花”、それは稀代の悪女のかつての呼び名。王の寵姫は命を懸けた愛がため、歴史に残る悪女となった。



そこに、命を懸けた、愛があった。





陛下から賜るのであれば


死の宣告さえも愛の囁きに聞こえましょう。









この物語はフィクションです。


作中に差別的表現がありますが、

差別を認容するものではありません。


戦闘・流血の表現があります。

苦手な方はご遠慮ください。