大学生になり家を出ることになった則子は引っ越しのために自室を片付けていたが、小学生の頃の思い出の品に目が止まり、想いを馳せる。

ほんのりとほろ苦い思い出の語らい。


大学生になり家を出ることになった則子は引っ越しのために自室を片付けていたが、小学生の頃の思い出の品に目が止まり、想いを馳せる。