様々な“愛”について考えさせられた。登場人物それぞれの背景がしっかりしていて、次々と伏線を回収していきゾクゾクしました。マイナスの矛盾定義に続き大好きな作品です。超能力者の皆さんに幸せが訪れますように。