きみは恋に眠って【完】

作者縹麓 宵

どれほど懐かしく感じても、記憶以上の感覚を思い出すことはできない。少しずつ想い出になっていく四季折々の感情は、きっと恋に似ている。【風物詩企画・大阪/秋】


想い出に耽るときの感情は

きっと恋に似ていて




僕達は想い出を

少しずつ上書きする



5c5dfb6c2edb