寝起きの甘えた声も、優しい言葉も、焦がれるような視線も


全部知らずにいれたなら良かったのに。


牛窪


……好きなの。私だけを見て


言えなかった言葉は、吐息になって消えた。