どだけ深く交わろうと、どうせ貴方は手に入らない。