蛍は、画蘭寿町にある古いアパート・びいどろ荘に住む写真家の梶洋一と出会う。梶のもとへ通うことが日常になりつつあった高2の春、個展の被写体を頼まれてー。




目つきの悪い金髪の男


彼が撮る写真に写る少女Aは


四季とともに移ろっていく






「これからも傍にいてくださいね」


「ふん。仕方ないからそうしてやるよ」





花と煙草と少女



芸術家アパートメント提出作品

301号室 絵・写真担当


〈Special Thanks〉

泡子さま、月瀬奏夜さま