研がれる私【完】

作者storu

刺激を貪る私のサガを蹂躙するナゾの男。私はカレに研がれていた…。

気がつくと、カレの瞳の沼に埋もれる私がいた



それは…、ワナという言葉に溺れたい心の暗部が導いたもの…



***



真っ黒から始まった”二人”の猟奇なカンケイ…



それは、樹海をさまようような出口のない狂気の恋路だった




968b6efa19ed






注:本作品は暴力描写・性表現が含まれます

閲覧の際は十分、ご留意願います




完結後も、加筆・訂正等の編集による更新は致しております