愛の罠?哀の罠?それとも―――――…「本当に、馬鹿」

「――――…私、アイツらを潰したい」


復讐に燃える少女







「じゃあ手始めに、俺の元へこい」


不敵に微笑む若頭







「あいつは、俺らの姫だから」


全国トップの暴走族







―――にかかったのは、誰?