微笑む隣人はアクマでした

作者六田 蘭

目の前に突如現れた天使の微笑みを浮かべる隣人は私の人生を滅多打ちにする“悪魔”でした




「どうも、昨日からあなたの隣人になりました」



この25年間の人生の中で一番ともいえる

綺麗な愛想笑いを目にした



これが彼との出会いであり



地獄の始まりでもあったのです




ー突然目の前に現れた天使の微笑みは


まさに悪魔の巧笑でしたー





「どうぞよろしく。お隣さん?」






*2017.02/07~